福島隆史のCSRエピソード | 株式会社サステナビリティ会計事務所(SusA)

CSRコンサルタント福島隆史が、CSR報告書の読み方や考え方、 重要な用語の説明やエピソードを毎日更新します。 企業のCSRご担当者の方や、ステークホルダーの皆さまがCSR報告書について知見を深めていただければ幸いです。

*

SMバー

   

辞任した前小渕大臣の後任で先日着任したばかりの宮沢経産大臣が、

広島市のSMバーに政治活動費を支出していたことが

昨日のニュースで取りざたされていましたね。

 

信じられない、政治に関わる者が公費でSMバーだなんて!!!

と、憤る方ばかりなのでしょうけど、

私は、、違います。

 

私、超勇気をもってお伝えしたいことがあります。

私、このSMバーに数年前、一度行ったことがあるのです。

広島で開催された同窓会の二次会で、10人以上で行きました。

その中の誰かが、趣向のかわった面白い店を知っている、ってことで、

連れていかれた次第です。

広島ではある程度有名な店なんじゃないでしょうか、このお店。

 

で、ここからが皆さまにお伝えしたいポイントなのですが、

そのお店、皆さんが思ってしまうような店では、全然ないのです。

ハードとかソフトとかでいうと、超ソフト系・・、どころか、

SMを単に観光化、見世物化させたようなお店、

も少しわかりやすくいうと、

吉本新喜劇がSMをテーマとしてやったならこんな感じ、って言ったら伝わるかな、

店内爆笑が出る、夜の呑み屋の一種のショー、なんです。

 

カウンターの中で、そのようなSMショーが展開されるのですが、、

お客さんも全員、二人ずつ中に呼ばれてショーに参加したりしました。

私も先輩と参加しました。でももちろん、

参加といってもそういったことをさもやっているようなフリをするだけなんです。

みんなそうでした。

友達同士、携帯のカメラでそうやってるふりの写真を取り合ったりしました。

外に出たら大変な写真だよなぁ、なんて私も内心思いつつ、

でもきっと出ることはないと信じあえることがなんだかうれしかったり。

なぜなら同窓会の二次会でしたから。

 

今朝のニュースではそのような類の写真が、

さもほんとにSMしてるかのように、顔をぼかしたもので紹介されていましたね。

超かわいそう。

 

SMバーに政治活動費を支出、と報道されれば、

そりゃぁ宮沢経産大臣、あるいは行ったとされる秘書さん、

たまったものではないでしょうが、

私に言わせると、

世間が飛びついてきそうな文章でマスコミが放り投げた、

また一つの事例だよな、と思ってしまうのです。

 

私、企業のCSRなどという領域に関わっていますから、

報道がその企業のブランドを決定的に貶めてしまう事態に

何度か遭遇したことがあります。

その際にも、実情を知る外部の者として、

同じようなことを思ったことがよくありました。

そういう文章で報道されれば、そりゃ皆さん悪いふうに思うだろうけど、

そしてその文章、たしかに間違いではないけど、

でも実際の中身自体が、そもそもそういうことでは全くない。

だけど、その本質を伝えることって、とても難しい、

といったようなこと。

 

あるいは、そのようなほんとうの中身って、

事情があって墓の中にまで持ち込まないといけないような大人の事情があるようなこと。

 

それにしてもこんなことで、

大切な政治に、空白期間がまた出来上がってしまうのでしょうね。。

ほんと、そういったことこそいい加減にしてほしい。

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
母に捧げるバラードよ、いずこへ?

私には娘がいます。 親のひいき目加算で美人の姉妹。 未だ二人とも学生です。 その …

no image
3月下旬なのに新幹線は雪で遅れています。

あいかわらず毎週月曜日は早朝、 奈良から東京に新幹線出勤しています。 今年は異常 …