福島隆史のCSRエピソード | 株式会社サステナビリティ会計事務所(SusA)

CSRコンサルタント福島隆史が、CSR報告書の読み方や考え方、 重要な用語の説明やエピソードを毎日更新します。 企業のCSRご担当者の方や、ステークホルダーの皆さまがCSR報告書について知見を深めていただければ幸いです。

*

よいことをアピールしない

   

公正妥当な企業レポートであるための前提として、よい面も、悪い面も、バランス良く開示することが求められます。
これは、鉄則です。
ステークホルダーとして投資家を例にとると、投資判断においてミスリードさせるような開示は、本来、絶対に御法度なのです。

ところが、今の統合報告って、その前提すら守れていないように思える。
それってなぜか。

悪い面は、有価証券報告書などの法的な開示媒体に書かれている以上のこと、書けないからです。
もしくは、ニュースリリースで既発表のものしか、書けないからです。
しかも、そこからほぼ、丸写しでなければ社内が通さない。

一方で、よい面は、なに書いても社内で問題にならない。
価値創造のプロセスだと称して、ものすごいページ数を割いて、アピールが行われる。

結果として、、、ある悪い面が当期において取りざたされた企業の統合報告を見ても、
価値創造プロセスがでーんと載っていて、
知りたい悪い面の背景とか、そんなこと、記載されてはいない。
悪い面も含めての価値創造プロセスがねりあげられて記載されてる、なんてこともない。
一番後ろの財務セクションのリスク情報のところか、
コンプライアンスの章に、まるでコラム扱いのように、
他の開示媒体からの丸写し文章が載っているのみ、
となる。

そしてほんとに大きな悪いことが起こった際には、報告書の開示自体をやめてしまう。

そんな報告書、誰が見たいと思うのだろう。

このようなアンバランスを回避する唯一の方策はきっと、、
そもそもよい面を日頃から声高にアピールしておかないことだと思っています。

 - 統合報告書

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
社長のいいなりレポートになってしまう。

以前にもお伝えしたかもしれないけれど、 私が思う大事な・・、どちらかというと”デ …

no image
日本の統合報告の現状は合冊報告です。

海外の統合報告と、日本の統合報告の、見た目の大きな違いは、 日本の統合報告には、 …

no image
海外企業は、ほんとに非財務含む中期経営計画を持っているのか?

本来の統合報告を成立させるためには、 非財務含めた中期経営計画を持っていることが …

no image
CSRの章がなければ統合度が高い?

CSR特講2015で、弊社のシニアコンサルタントが仮説を立てた中の一つに、 報告 …

no image
ある程度、統合報告の現状をまとめてみる

ここ数日、統合報告の現状のさまざまな側面を紹介してきました。 まだまだ紹介したい …

no image
Gはともかく、E・Sを質問してくる投資家は?

グローバル企業さまのIRご担当者から言われることの一つに、、 実際、海外にIRキ …

no image
統合報告書を作りたいと願うなら

業者選定において、二つの選択肢があるように思います。 一つの方向は、アニュアルレ …

no image
合冊報告にして、よいこと

合冊報告にして、よいこと。 その代表格の一つは、超単純なことですが、 コスト減、 …

no image
日本的統合報告の、よいイメージの持ち方

日本の統合報告は、アニュアルレポートとCSRレポートの合冊なのが実態である、 と …

no image
統合報告から財務セクションが消える

昨日お話した、統合報告という名の合冊報告の基本構成、 覚えていらっしゃいますか? …