福島隆史のCSRエピソード | 株式会社サステナビリティ会計事務所(SusA)

CSRコンサルタント福島隆史が、CSR報告書の読み方や考え方、 重要な用語の説明やエピソードを毎日更新します。 企業のCSRご担当者の方や、ステークホルダーの皆さまがCSR報告書について知見を深めていただければ幸いです。

*

CSRの章がなければ統合度が高い?

   

CSR特講2015で、弊社のシニアコンサルタントが仮説を立てた中の一つに、
報告書においてCSRの章がなければ統合度が高い、といえるのではないか、
というものがありました。

海外の統合報告ではCSRの章はないけれど、日本の統合報告はCSRの章がたいていあることから、海外の統合度は高く、日本のそれは低いのではないか、と。

私はこの仮説に対して、次のように質疑応答の時間で追加コメントをしました。
だけど、それって海外事情などを知り尽くした研究者としての発言、
などではなく、
約20年この業界で、会計士として、あるいはコンサルとして、
財務、非財務両面みてきた経験者としての、
たぶんそうであろうという勘で、そのように言いました。
だから、きっとそうだとは思いますが、
厳密に違っていたなら、ごめんなさい。

海外では、
財務中心のアニュアルレポートにおいて、
そこでの経営分析の章のところに、
財務に強い影響を与える非財務を含めて語るようにしましょう、とする方向性があって、
それを統合報告と呼ぶようになっているんだと思います。

従来は、
経営分析+ガバナンス+財務セクションとなっていた構成が、
経営分析(非財務含む)+ガバナンス+財務セクション、
となって、それを統合報告というようになった、
それだけのこと。
だから、CSRセクションがない、なんて、
その経緯からは当たり前のことなんだろうと思います。

GRI G4版に対応するような、
全てのステークホルダーを対象にするサステナビリティレポートを別途に開示してるのも、
そのようなステークホルダー、そのようなレポートを重要視するかぎり、
当然のこと、なのだと思います。

一方で日本ではどうでしょうか。
続きはまた明日~

 - 統合報告書

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
海外企業は、ほんとに非財務含む中期経営計画を持っているのか?

本来の統合報告を成立させるためには、 非財務含めた中期経営計画を持っていることが …

no image
統合報告から財務セクションが消える

昨日お話した、統合報告という名の合冊報告の基本構成、 覚えていらっしゃいますか? …

no image
ある程度、統合報告の現状をまとめてみる

ここ数日、統合報告の現状のさまざまな側面を紹介してきました。 まだまだ紹介したい …

no image
社長のいいなりレポートになってしまう。

以前にもお伝えしたかもしれないけれど、 私が思う大事な・・、どちらかというと”デ …

no image
合冊報告にして、よいこと

合冊報告にして、よいこと。 その代表格の一つは、超単純なことですが、 コスト減、 …

no image
Gはともかく、E・Sを質問してくる投資家は?

グローバル企業さまのIRご担当者から言われることの一つに、、 実際、海外にIRキ …

no image
統合報告書を作りたいと願うなら

業者選定において、二つの選択肢があるように思います。 一つの方向は、アニュアルレ …

no image
日本的統合報告の、よいイメージの持ち方

日本の統合報告は、アニュアルレポートとCSRレポートの合冊なのが実態である、 と …

no image
よいことをアピールしない

公正妥当な企業レポートであるための前提として、よい面も、悪い面も、バランス良く開 …

no image
日本の統合報告の現状は合冊報告です。

海外の統合報告と、日本の統合報告の、見た目の大きな違いは、 日本の統合報告には、 …