福島隆史のCSRエピソード | 株式会社サステナビリティ会計事務所(SusA)

CSRコンサルタント福島隆史が、CSR報告書の読み方や考え方、 重要な用語の説明やエピソードを毎日更新します。 企業のCSRご担当者の方や、ステークホルダーの皆さまがCSR報告書について知見を深めていただければ幸いです。

*

Gはともかく、E・Sを質問してくる投資家は?

   

グローバル企業さまのIRご担当者から言われることの一つに、、

実際、海外にIRキャラバン行っても、
環境(E)やソーシャル(S)について質問が飛んでくるようなこと、
経験したことがない。
実際、そのような情報が必要だ、としてレポートに書かせているのは、
おたくらコンサルタントの陰謀なのではないの?っと。

すいません、少なくとも私は、陰謀など持っていません。
そもそも、全ての企業が一律に合冊レポートにすべきと思っていません。

冒頭のエピソードは、全てのグローバル企業IRご担当者から、今、私が聞かされていることであって、特定の企業IRご担当者から聞いている話ではありません。
ゆえに真実は、やはりそちら側にあるように思います。

CSRやESG業界のどんな偉い方々が、
ESGの開示充実を叫んでも、
さまざまに発行されるガイドラインが、
ESGの開示充実を求めても、
実際に読まれ、使われ、役立てられることがないのならば、
やはりいたずらに報告書の頁数を膨らませるのは、
資源の無駄以外のなにものでもない、とは
思いませんか。

機関投資家などが、
ESGを評価する部門を新設して、
そこから上がってくる評価を投資意思決定に利用する、
ということはあるでしょうし、
ますますその傾向は強くなっていくことでしょう。
ですが、そのことと、
合冊レポートにすべき、ということは、
一足飛びに合致することではありません。

ある有識者は、
ふつうの投資家を集めるからE・Sに質問が来ないのであって、
中長期目線で興味を持ってくれる投資家をあえて集めれば、
自ずとそのような情報は必要である、
といいます。

それは正論だと思います。

でも、そうであるならば、
あえてそのような中長期目線の新たな投資家を集めて説明しようとする会社の場合にだけ、
あるいはそのような会社になった際、or なろうとする際にはじめて、
合冊レポートを発行するのが、
効率的であると思います。

 - 統合報告書

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
合冊報告にして、よいこと

合冊報告にして、よいこと。 その代表格の一つは、超単純なことですが、 コスト減、 …

no image
ある程度、統合報告の現状をまとめてみる

ここ数日、統合報告の現状のさまざまな側面を紹介してきました。 まだまだ紹介したい …

no image
日本的統合報告の、よいイメージの持ち方

日本の統合報告は、アニュアルレポートとCSRレポートの合冊なのが実態である、 と …

no image
海外企業は、ほんとに非財務含む中期経営計画を持っているのか?

本来の統合報告を成立させるためには、 非財務含めた中期経営計画を持っていることが …

no image
統合報告から財務セクションが消える

昨日お話した、統合報告という名の合冊報告の基本構成、 覚えていらっしゃいますか? …

no image
日本の統合報告の現状は合冊報告です。

海外の統合報告と、日本の統合報告の、見た目の大きな違いは、 日本の統合報告には、 …

no image
CSRの章がなければ統合度が高い?

CSR特講2015で、弊社のシニアコンサルタントが仮説を立てた中の一つに、 報告 …

no image
社長のいいなりレポートになってしまう。

以前にもお伝えしたかもしれないけれど、 私が思う大事な・・、どちらかというと”デ …

no image
統合報告書を作りたいと願うなら

業者選定において、二つの選択肢があるように思います。 一つの方向は、アニュアルレ …

no image
よいことをアピールしない

公正妥当な企業レポートであるための前提として、よい面も、悪い面も、バランス良く開 …