福島隆史のCSRエピソード | 株式会社サステナビリティ会計事務所(SusA)

CSRコンサルタント福島隆史が、CSR報告書の読み方や考え方、 重要な用語の説明やエピソードを毎日更新します。 企業のCSRご担当者の方や、ステークホルダーの皆さまがCSR報告書について知見を深めていただければ幸いです。

*

日本的統合報告の、よいイメージの持ち方

   

日本の統合報告は、アニュアルレポートとCSRレポートの合冊なのが実態である、
と何度もお伝えしています。
それってなんだかネガティブイメージでお伝えしているようにお感じになると思いますし、発信している私もそのニュアンスを少なからず持っているのは確かですが、
でも、次のように、よりポジティブに考えることだってできます。

企業としての年次活動報告をあますところなく開示するんだ、と思ってしまうこと。
財務・非財務など区別なしに。
単純なことですね。

事業活動そのものが社会貢献に直結すると見なされているような業種では、
それでも充分、見栄えのするレポートとなる可能性が高まります。
例えば、製薬業とかですね。

私、海外メガファーマのレポートを今から約10年前ぐらいに初めて見たとき、
びっくりしたことを覚えています。
まるで、、立派な写真集。
なんじゃこりゃ。
いったいいくら制作に年間でお金かけてるんだろう、と、
唖然としました。

年間を通じてプロカメラマンが撮りためたのでしょう、
患者の写真とかが、タブーなどないかのようにガンガン載ってて、
それら写真が効果的に報告書に配置されてて、
財務報告に同居した形で、
不思議ときれいに一冊にまとまっていました。

財務・非財務を戦略的に練り上げたストーリー、
なんて求められたってなかなか開示できるほどの持ち合わせはないし、
グループ全体での定量データ収集なども難しい、
いっそ開き直って、
私たち企業の年間活動報告を見栄えよく伝えるのだ、と割り切るのも、
ありなのかな・・・、と思いつつ。

いやいやそれだと、
やはり自慢話レポート性質が、
さらに加速するのみとなってしまいますかねえ。。

 - 統合報告書

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

  関連記事

no image
合冊報告にして、よいこと

合冊報告にして、よいこと。 その代表格の一つは、超単純なことですが、 コスト減、 …

no image
ある程度、統合報告の現状をまとめてみる

ここ数日、統合報告の現状のさまざまな側面を紹介してきました。 まだまだ紹介したい …

no image
よいことをアピールしない

公正妥当な企業レポートであるための前提として、よい面も、悪い面も、バランス良く開 …

no image
海外企業は、ほんとに非財務含む中期経営計画を持っているのか?

本来の統合報告を成立させるためには、 非財務含めた中期経営計画を持っていることが …

no image
Gはともかく、E・Sを質問してくる投資家は?

グローバル企業さまのIRご担当者から言われることの一つに、、 実際、海外にIRキ …

no image
社長のいいなりレポートになってしまう。

以前にもお伝えしたかもしれないけれど、 私が思う大事な・・、どちらかというと”デ …

no image
CSRの章がなければ統合度が高い?

CSR特講2015で、弊社のシニアコンサルタントが仮説を立てた中の一つに、 報告 …

no image
日本の統合報告の現状は合冊報告です。

海外の統合報告と、日本の統合報告の、見た目の大きな違いは、 日本の統合報告には、 …

no image
統合報告書を作りたいと願うなら

業者選定において、二つの選択肢があるように思います。 一つの方向は、アニュアルレ …

no image
統合報告から財務セクションが消える

昨日お話した、統合報告という名の合冊報告の基本構成、 覚えていらっしゃいますか? …